『新しい地図』地上波出演が決定的!? 強烈な“コネ”でフジテレビへ…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

新しい地図 

(C)まいじつ 

来る9月14日、15日に行われる『氣志團』のライブイベント『氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~』に、『新しい地図』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が出演する。

同ライブは、「氣志團」が毎年開催している一大野外フェスティバル。「氣志團」以外にもさまざまなアーティストが出演することが特徴で、これまでにも『ももいろクローバーZ』、『米米CLUB』、中島美嘉、森山直太朗などの豪華アーティストが共演を果たしてきた。

また、同ライブの模様は、例年『WOWOW』や『フジテレビNEXT』といった有料チャンネルでも放送されている。そしてこの〝有料放送〟により、「地上波の仕事を減らされている」と囁かれている「新しい地図」の〝地上波本格復帰〟が見えてくるという。

 

コネと勢いで地上波音楽番組復帰も?

「現在、フジテレビのCS部門を取り仕切っているのは、かつて『音組』として『FNS歌謡祭』『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』などの同局系音楽番組を手掛けてきた〝きくちP〟こと、きくち伸氏。そのため、『フジテレビNEXT』で『氣志團万博』が放送されれば、『新しい地図』の3人が〝フジの番組〟で歌うのは『SMAP×SMAP』以来ということになり、コネと勢いを得て地上波の『FNS歌謡祭』に出演する可能性もにわかに浮上してきます」(芸能ライター)

また、元「SMAP」と「ももクロ」の共演も、ジャニーズ時代では考えられなかった出来事だという。

「ジャニーズ時代の『SMAP』は『AKB』系のグループとよく共演していましたが、『ももクロ』との絡みはナシ。逆に、『嵐』は『ももクロ』と頻繁に共演し、『AKB』系のグループとは距離を置いていました。これはジャニーズ内の派閥により、共演OKな女性アイドルまでもが縦割りだったことが原因です。例外は『Perfume』で、3人だけは両グループともよく共演していましたね」(ジャニーズライター)

中継局によっては、今後の芸能活動も変わってきかねない「新しい地図」。昨年の氣志團万博は「WOWOW」の独占中継だったが、果たして今年はどうなるのだろうか。