【THE MUSIC DAY 2019~時代~】70歳の葛城ユキ、圧倒的な美脚に話題沸騰!

©株式会社東京ニュース通信社

本日放送中の、嵐の櫻井翔が総合司会を務める日本テレビ系音楽番組「THE MUSIC DAY 2019 ~時代~」(午後1:30)。「時代」をテーマに、ベテランから若手まで約60組のアーティストが集結し、次の時代に残したい平成の名曲、新たな時代・令和を飾るアーティストによる時代を超えて受け継がれる曲を9時間半の生放送でおくる。

放送7年目となる今年は去年に続き、地上波放送と並行して、古坂大魔王および青木源太アナウンサー、市來玲奈アナウンサーの3人のMCによる「裏配信☆大魔王の部屋」が YouTubeやニコ動、Twitter、Facebookで、現在、生配信中。「THE MUSIC DAY」のステージをこれから迎える約30組のアーティストを招き、これから挑むライブへの意気込みからプライベートに至るまで、その裏側を根掘り葉掘り聞き出すトークが繰り広げられている。

セクシーな衣装で登場した葛城。御年70歳にもかかわらず、ファンから「美脚だ!」というコメントが殺到するほどのプロポーションに、古坂も「変わらない」と驚いていた。葛城はバレーボールで名門高校に推薦入学し、1年時から国体に出場していたというなんとも驚きの秘話を披露。

さらに、ハスキーボイスメドレーで代表曲「ボヘミアン」を披露した葛城だが、トークの時の声はいたって自然で、自身ではハスキーボイスの自覚がない様子。すかさず古坂は「葛城さんがハスキーのピークですから。そこから上は無音です」とコメント。青木アナも「葛城さんがハスキーじゃなかったらハスキーなの天龍さんぐらいです」と話すと、会場は爆笑に包まれた。

裏配信後の囲み取材では、充実感を口にした葛城。「時間的には短い時間でしたが、内容の濃い時間を過ごさせていただきました」とコメント。裏配信でも話題に上がった美脚について問われると、「今はあまり(トレーニングなど)していない」と語り、「体系を維持したいなという気持ちは強く持っていて、太らないように量を食べ過ぎず、セーブしています」と明らかにした。

明日に迫った七夕については、「長く歌っていけますように。あと50年」と、これから先も現役として力強く歌い続けることを誓った葛城。子どもの頃のササの葉に短冊を付けたりした楽しい夏の思い出に、思いをはせていた。