【THE MUSIC DAY 2019~時代~】広瀬香美が一番会いたかったのは古坂大魔王ではなくピコ太郎!?

©株式会社東京ニュース通信社

本日放送中の、嵐の櫻井翔が総合司会を務める日本テレビ系音楽番組「THE MUSIC DAY 2019 ~時代~」(午後1:30)。「時代」をテーマに、ベテランから若手まで約60組のアーティストが集結し、次の時代に残したい平成の名曲、新たな時代・令和を飾るアーティストによる時代を超えて受け継がれる曲を9時間半の生放送でおくる。

放送7年目となる今年は去年に続き、地上波放送と並行して、古坂大魔王および青木源太アナウンサー、市來玲奈アナウンサーの3人のMCによる「裏配信☆大魔王の部屋」が YouTubeやニコ動、Twitter、Facebookで、現在、生配信中。「THE MUSIC DAY」のステージをこれから迎える約30組のアーティストを招き、これから挑むライブへの意気込みからプライベートに至るまで、その裏側を根掘り葉掘り聞き出すトークが繰り広げられている。

裏配信前に取材に応じた広瀬は今回が初出演で、オファーが来たことに驚いたそう。梅雨の時期は海外にいることを明かし、「梅雨の時期は久しぶりでずいぶん体験していなかったので、蒸し暑いです。傘を持って歩くのはうっとおしいな(笑)」と思わず本音が漏れる場面も。また、一番楽しみにしていることを聞かれ、「ピコ太郎にドはまりしてYouTubeの再生回数に貢献していたので会いたかった。今日はピコ太郎さんじゃないのが残念です」と悔しがっていた。さらに、裏配信後に歌う「ゲレンデがとけるほど恋したい」について当時のエピソードを尋ねられ、「作詞に関しては何回も書き直しを命じられ、一生懸命徹夜で書いた苦労の作だった」と打ち明け、「蒸し蒸しするので、今日歌を聴いて涼しくなっていただければ」とコメントした。

その後、裏配信に登場した広瀬は「ねーねーねーねーねー」と突然発声練習をし始め、キーの高さと声の大きさに驚く古坂や青木アナら。その声を聞いた青木アナは、高い声を出すにはどうしたらいいのかと聞いたところ、「トレーニングをすること」とアドバイス。自身は腹筋と背筋を毎朝300回行い、週に3回はしっかり筋トレをしていると話した。また、練習をするとキーの高さは上がるといい、「調子がいい時はライブでキーを二つくらい上げて歌っている」と驚きの告白も。そして、「100歳まで歌おうと思っている。100歳過ぎて『ロマンスの神様』や『ゲレンデがとけるほど恋したい』を歌っていたらすごくない?」との願望に、古坂は「広瀬さんなら、いけると思う」と太鼓判を押していた。また、取材でも話していた通り、古坂(ピコ太郎)に会いたかったと伝え、「メアドを交換したい」とおねだり。せっかくだからという流れで、古坂が広瀬との2ショットを撮る展開となった。