先発粘れず、8回無死満塁も1点

©株式会社福井新聞社

福井―信濃 8回福井無死満塁、坂本が右前適時打を放ち3―5と追い上げる=7月6日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月6日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで信濃グランセローズと戦い、3―5で敗れ3連敗となった。通算成績は2勝6敗で最下位。次戦は7日午後1時から、越前市の丹南総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦う。

信濃 000 311 000…5 200 000 010…3 福井

 【評】福井は一回の先制点を生かせず逆転負け。エース浜田俊之は中盤に失点を重ね6回5失点。打線は終盤、反撃のチャンスをつくったが生かせなかった。

 先発浜田は苦しみながらも三回までは無失点と踏ん張った。しかし2―0の四回、3連打などで同点とされると、1死二塁から右前打に失策が絡み勝ち越しを許した。五回にはソロを浴び、六回にも1失点。計11安打と打ち込まれた。

 打線は一回2死一、三塁から清田亮一の左前適時打で先制。続く須藤優太も右前適時打で計2点を奪った。3点を追う八回は大松尚逸、須藤の安打などで無死満塁とすると、坂本竜三郎の右前適時打で1点。しかし、石井建斗、木下裕揮、澤端侑と後続が倒れ反撃はここまでだった。