初の氷上練習、本格始動/アイスホッケー/東北フリーブレイズ女子チーム「クリスタルブレイズ」/八戸

©株式会社東奥日報社

チーム初の氷上練習を行う選手ら

 青森県八戸市などを本拠地とするアイスホッケーアジア・リーグの東北フリーブレイズの女子チーム「クリスタルブレイズ」は4日、八戸市の田名部記念アリーナでチーム初の氷上練習を行った。女子選手9人は、フリーブレイズの選手や体験入部の小学生らと汗を流し、今季の活動を本格的にスタートさせた。

 女子チームはアイスホッケー競技の女性人口拡大などを目的に設立。現在、中学1年から社会人までのアイスホッケー経験者9人が所属し、選手の意向を踏まえつつ県内外の大会に出場していくという。

 女子チームの選手と体験入部生12人は、フリーブレイズの若林クリス監督やFW田中豪主将らから、スケーティングやパス、シュートなどの基本動作を中心に氷上で指導を受けた後、ゲーム形式の練習を行った。チーム最年長の林茉奈美(ななみ)さん(23)=八戸市=は「コーチにしっかり指導してもらえる練習環境に感謝している。若手をしっかり引っ張っていきたい」と話した。

 現在、女子チームの選手を募集中(県内の中学生以上対象)。問い合わせは同クラブ八戸オフィス(電話0178-71-1161)へ。