西日本を中心に暑い梅雨の晴れ間

関東・東北太平洋側は梅雨寒に

©株式会社ウェザーマップ

7日(日)昼過ぎの天気分布予想(上)と予想最高気温(下)

 7日(日)は西日本を中心に晴れて、厳しい暑さになる見込み。一方、関東や東北太平洋側では梅雨空が続き、4月並みの涼しさになる所もありそうだ。

梅雨前線は南西諸島から伊豆諸島付近に

7日(日)午前6時の天気図と雲の様子

 7日は、梅雨前線が南西諸島から伊豆諸島付近にのびている。このため、前線に近い沖縄・奄美から伊豆諸島では断続的に強い雨が降り、雷を伴って激しく降るおそれもある。

 これまでの大雨で地盤が緩んでいる地域もあるため、土砂災害などには引き続き注意が必要だ。

熱中症に注意 山沿いではにわか雨も

7日(日)夕方の天気分布予想

 前線から比較的離れている西日本、北陸や東北の日本海側、北海道では晴れる所が多く、気温は北海道を含めて30℃近くまで上がる所もある見込み。こまめに水分をとるなど、熱中症には注意が必要だ。
 また、気温の上がる午後は、九州や四国の山沿いを中心ににわか雨の所がある見込みで、特に山の近くでは急な雨にも注意が必要となる。

東京 4月下旬並みの涼しさ

 一方、関東の東海上には前線上の低気圧があり、この影響を受ける東海から関東、東北の太平洋側では曇りや雨の梅雨空が続きそうだ。また、関東や東北の沿岸部を中心に北~北東の風が強めに吹き、昼間にかけて気温はあまり上がらない見込み。

きょうの全国の天気と予想最高気温

 予想最高気温は、東京・仙台で21℃と、東京では4月下旬並みの涼しさとなる見通し。服装でうまく調節するなど、気温差で体調を崩さないように注意したい。
(気象予報士・佐々木聡美)