パドレスがドジャース破る 前田力投も被弾2本に沈む

©MLB Advanced Media, LP.

【パドレス3-1ドジャース】@ドジャー・スタジアム

パドレスは、両軍無得点で迎えた7回表にハンター・レンフローの27号ソロ、1点リードの8回表にマニュエル・マーゴの4号2ランと、試合終盤に2本のアーチが飛び出し、ドジャース先発の前田健太を攻略。このリードを守り、3対1でドジャースを破った。6回途中まで3安打無失点の好投を見せた先発のクリス・パダックをリリーフし、1回1/3を無失点に抑えた2番手のトレイ・ウィンジェンターがメジャー初勝利。2点リードの最終回を締めくくったカービー・イエーツは今季29セーブ目をマークした。前田は6回までパドレス打線を無得点に封じていたものの、終盤に痛恨の2被弾。8回途中4安打3失点で今季5敗目(7勝)となった。

パダックと前田の好投により、両軍ともなかなかチャンスを作れない展開となった一戦は、5回表にパドレスが一死一・二塁のチャンスを迎えるも、グレッグ・ガルシアが二塁への併殺打に倒れて無得点。ドジャースは5回裏に一死満塁の大チャンスを迎えたが、前田が空振り三振、ジョク・ピーダーソンがファーストゴロに倒れ、先制点を奪えなかった。試合はそのまま終盤に突入し、7回表二死からレンフローが先制の27号ソロ。8回表には二死一塁からマーゴが4号2ランを放ち、リードを3点に広げた。ドジャースは8回裏二死からアレックス・ベルドゥーゴが二塁打を放ち、続くジャスティン・ターナーの内野安打に三塁マニー・マチャドの悪送球が絡んで1点を返したが、反撃はこの1点どまり。イエーツは両リーグ最多のセーブ数を29に伸ばした。