冬季パラ「金」の村岡が日本新

車いすT54、女子100m

©一般社団法人共同通信社

女子100メートル(車いす)決勝 17秒38の日本新記録で優勝した村岡桃佳=町田市立陸上競技場

 関東パラ陸上選手権最終日は7日、東京・町田市立陸上競技場で行われ、女子100メートル(車いすT54)は2018年平昌冬季パラリンピックのアルペンスキーで金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳(トヨタ自動車)が17秒38の日本新記録で優勝した。

 男子で車いすT52の400メートルと1500メートルは両種目の世界記録を持つ佐藤友祈(WORLD―AC)が2冠を達成。男子100メートル(義足T64)は井谷俊介(SMBC日興証券)が11秒68で勝ち、前日の200メートルと合わせて2種目を制覇した。