ウラン濃縮上限超過に着手

イラン、核開発拡大を警告

©一般社団法人共同通信社

7日、イランの首都テヘランで記者会見するアラグチ外務次官(右)(AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン政府は7日、イラン核合意の一部履行停止の第2段階として、合意に定められたウラン濃縮度の上限超過の作業に着手したと発表した。同日中に上限を超えるとした。政府筋によると、原発燃料並みの5%前後に濃縮度を高める方針。欧州などにイラン支援の実行を急がせる狙いがある。

 欧州などが要求に応じない場合、イランは60日後に第3段階の措置を取ると警告、核合意の崩壊が懸念される。イランに核保有の野望があると疑うトランプ米政権はウラン濃縮の即時停止を要求、上限超過への報復を示唆しており、情勢は緊迫の度を増した。