駆け上がれ夏の主役 全国高校野球大分大会開幕【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

開会式で堂々と入場行進する各校の選手たち=7日、別大興産スタジアム

 第101回全国高校野球選手権大分大会は7日、大分市の別大興産スタジアムで開幕した。45校44チーム(宇佐産・双国は連合)が出場し、夏の甲子園出場を懸けた戦いが始まった。

 初日は開会式があり、前回優勝の藤蔭を先頭に、全出場校の力強い入場行進で幕開けした。木戸孝明県高校野球連盟会長が「選手たちの努力の結晶を(球場で)肌で感じ、地響きのような声援を送ってほしい」、広瀬勝貞知事が「皆さんが主役。一生懸命応援します」とあいさつ。鶴城の池田和樹主将(3年)が選手宣誓を務めた。

 この後、杵築―三隈の開幕戦があり、序盤から攻撃の手を緩めなかった杵築が三隈に大勝した。