スージー・ウォルフが女性限定のWシリーズに疑問。「女性ドライバーのなかで一番になるだけでは意味がない」

©株式会社サンズ

 メルセデスF1チーム代表を務めるトト・ウォルフの妻、スージー・ウォルフは、女性ドライバーだけの新シリーズ“Wシリーズ”にいくつかの疑問を抱いている。元レーシングドライバーの彼女は、女性ドライバーのあり方について自身の意見を語った。

「モータースポーツは分離されるべきではありません。最高の女性ドライバーは、最高の男性ドライバーを相手にレースをするべきなのです」と語るスージーは現在、ベンチュリ・フォーミュラEチームのチーム代表も務めている。

「この競技には棲み分けがない」と彼女はイギリスの『The Telegraph』紙に語った。

「もしお金を稼いで最高のドライバーと戦うキャリアを得ようというのなら、Wシリーズの勝者はそこから戻って男性を相手にレースをしなければなりません。その部分において、私はこのシリーズが(女性ドライバーにとって)長期的な手助けになるかどうか、確信を持てずにいます」

 過去43年において、F1世界選手権の予選を通過した女性ドライバーはいない。

「なぜかといえば、それが大変なことだからです」と彼女は言う。

「世界中のレーシングドライバーがF1に到達することを夢見ていても、グリッドには22人分の枠しかない(注:実際には現在は20人)。世界にレースをしている少年が1万人いるとしたら、レースをしている少女はほんの10人か、多くても100人。この数字は私たちにとって、とても不利になる。才能ある少女たちの層を厚くしなければ、最高のドライバーがトップに到達することはできません」

「女性ドライバーでトップに立ったとしても、それに対する賞などないのです」