9月台風、接近・上陸に注意

長寿化で災害リスクも

©一般社団法人共同通信社

 これから発生する台風のうち9月の台風が本州付近に接近・上陸しやすくなるとの予測を、気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)が明らかにした。エルニーニョ現象の影響で発生から消滅までが長い「長寿台風」になる恐れもあり、進路予測に注意が必要という。

 同社によると、今シーズンは太平洋高気圧の西への張り出しが強く、北への張り出しは弱いとみられている。台風は移動能力が低く、進路は周辺の気圧配置などの影響を受ける。7~8月の夏台風は「縁辺流」に乗って沖縄や大陸、朝鮮半島に向かいやすい。9月以降に台風は東寄りに進路を変え、本州付近に近づくことが増えるという。