あす(9日)にかけて不安定 突然の雷雨に注意

きょう・あす 西日本を中心に30℃前後の予想

©株式会社サニースポット

きょう(8日)は上空に寒気を伴った低気圧が九州の西海上を進んで、九州南部を中心に雨雲がかかり、発雷している所もあります。

午後は中国・四国や近畿、東海、甲信など、大気の状態が不安定になる地域が広がり、局地的に積乱雲が発達し、激しい雷雨となるおそれがあります。きょうは西日本を中心に、急な強い雨や落雷、突風、ひょうなどに注意が必要です。

あす(9日)も西・東日本を上空の寒気が覆うため、大気の不安定な状態が続くでしょう。中国・四国や近畿、東海を中心に活発な雨雲がかかりやすく、そのほかも九州や関東も山沿いを中心に局地的な雷雨がありそうです。あすにかけて不安定な空模様が続くため、雷の音が聞こえたりした際は、頑丈な建物の中に一時的に避難するなど安全確保に努めましょう。

またあすにかけて西日本や東北の日本海側を中心に気温が高く、30℃前後まで気温の上がる所が多いでしょう。引き続き熱中症に注意が必要です。

一方、関東や東北の太平洋側は千島近海から冷たい空気が流れ込むため、あすにかけても涼しく感じられるでしょう。