【コパ・アメリカ】開催国ブラジルが勝負強さを発揮!ペルーを下し12年ぶり9回目の優勝を達成!

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

現地時間7日にコパ・アメリカ決勝が開催し、開催国ブラジルが聖地マラカナン・スタジアムでペルーと対戦した。

【コパ・アメリカ】ジェズス&フィルミーノが1G1Aと躍動!ブラジルが宿敵アルゼンチンを下し2007年以来のファイナルへ!

盤石な強さを発揮し、ファイナルまでクリーンシートで勝ち上がってきたブラジルと、ウルグアイやチリといった強豪国を撃破し今大会で旋風を巻き起こしているペルー。対照的な両チームの一戦は、母国の大声援を受けたブラジルが先手を取る。15分にガブリエル・ジェズスが右サイドでボールをキープしてクロスを送ると、ファーサイドでエベルトンが反応。右足でダイレクトシュートを叩き込み、ブラジルがコパ制覇に一歩近づく。

【コパ・アメリカ】チリの守備が完全崩壊…3発完勝のペルーが1975年以来のファイナルへ!

しかし、44年ぶりの戴冠を目指すペルーが前半終了間際に反撃に出る。クリスティアン・クエバがペナルティエリア内でドリブルを仕掛けると、ブロックに入ったチアゴ・シウバの手に当たってPKを獲得。このビッグチャンスを、35歳ベテランのパオロ・ゲレーロがゴール右隅に確実に沈め、ゲームを振り出しに戻す。ついに今大会初の失点を喫したブラジル。それでも、同点で前半を終えようとするペルーの一瞬の隙を突く。アルトゥールがドリブルで持ち運ぶと、DFが足を滑らせたことでフリーとなったジェズスにラストパスを供給。背番号9番は右足で冷静に流し込み、ブラジルが勝ち越し弾をゲットする。

【リーグ・アン】D・アウベスがPSG退団を発表…新天地はプレミアが有力か

チャンスを見逃さない決定力の高さを見せたブラジルは、後半に入っても試合を優位に進めるものの、70分にアクシデントが発生する。前半にイエローカードを受けてたジェズスがペルーDFに激しいチャージをしたことで、主審が2枚目のイエローカードを提示。退場処分となりブラジルが数的不利に陥る。

【プレミアリーグ】リバプールがグレミオの若手FWに興味 宿敵エバートンと綴りが同じと話題に

守備に時間を割かれ少ない人数での攻撃を強いられるブラジル。それでも、エベルトンが個人技で単独突破を図ると、ペナルティエリア内で倒されてPKの判定に。キッカーを担当したリシャルリソンがゴール左隅に決め、3-1のスコアで試合終了。激戦を制したブラジルが4大会12年ぶり、通算9回目のコパ優勝を成し遂げた。

ブラジルが12年ぶり9回目の優勝を達成