9日にかけて雷雨注意 西日本は週半ばと週末に大雨のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

8日(月)と9日(火)夕方の発雷確率

 大気の状態が不安定となるため、8日午後は西日本を中心に、あす9日(火)は東日本を中心に雷雨に注意が必要だ。
 また、週の中頃は梅雨前線が北上し活動が活発化するため、西日本を中心に雨の量が多くなるおそれがある。九州南部などこれまで大雨となった地域では、今後の情報に注意すると共に、大雨の備えや避難方法を確認しておきたい。

天気急変に注意

8日(月)午後6時と9日(火)午前0時の雨雲の予想

 九州南部には、8日午前から発達した雨雲がかかっている。鹿児島県の薩摩・大隅地方では、夕方にかけて土砂災害や低い土地の浸水に注意が必要だ。
 また、その他の西日本も大気の状態が不安定で、特に夕方以降は九州北部や中国地方、四国、近畿でも局地的に雨雲が発達するおそれがある。急な雨や落雷、突風に注意が必要だ。
 なお、上空の寒気の移動に伴い、9日は北陸や東海を中心に雨雲が発達する見込み。この方面では、雨の降り方に注意が必要となる。

西日本 大雨のおそれ

週間天気予報

 10日(水)から11日(木)にかけて、西日本を中心に発達した雨雲がかかるおそれがある。きょうよりも広い範囲で降るタイプの雨で、持続性のある降り方が予想されるため、総雨量が多くなる所もありそうだ。九州南部など、これまで大雨となった地域では、少しの雨でも災害につながるおそれがある。
 さらに、13(土)~14日(日)にかけても、西日本の太平洋側を中心にまとまった雨が予想されているため、今後の気象情報には十分な注意が必要だ。

(気象予報士・高橋和也)