生肉食中毒で不起訴不当の議決

©一般社団法人共同通信社

 2011年にユッケなどを食べた5人が死亡した生肉集団食中毒で、業務上過失致死傷容疑で書類送付された運営会社の元社長ら2人を不起訴とした富山地検の処分について、富山検察審査会が不当と議決していたことが8日、分かった。