都心に生産性向上の実験オフィス

9社合同、丸の内に開業へ

©一般社団法人共同通信社

声から感情を推測し、気持ちを落ち着かせる香りを噴射する装置が備わった会議室=東京・丸の内

 ダイキン工業やパナソニックなど9社は8日、各社のノウハウを持ち寄り、生産性を向上させるオフィスの実証実験を16日に始めると発表した。東京・丸の内に会員制の有料貸しオフィス「ポイントゼロ マルノウチ」を開業。室内の温度や音、香りなどが働き方にどう影響するかのデータを集め、2~3年かけて効果を検証する。

 開業するオフィスは約千平方メートルの開放的な空間で、入り口にはパナソニックの顔認証装置を設置。区画によって温度を変えられるダイキンの空調装置や、照明の効果で快適に寝起きできる仮眠室を設けた。