居乳美人の先輩がドジっ子属性で可愛くてしんどい【アニメ化】

©株式会社リグネ

こんな先輩ほしかったという男性の夢を叶える青春漫画『手品先輩』。ドジっ子で残念な先輩と少しクセのある後輩の日常を描いています。今回は2019年7月からアニメ化された本作のラッキスケベシーンをご紹介します!ネタバレを含みますのでご注意ください。

『手品先輩』がエロ可愛すぎる!無料で読める!

ふとした出会いから巨乳美人の先輩とふたりきりで過ごすことになった……。羨ましすぎる展開のちょいエロギャグ漫画『手品先輩』。ストーリー展開が特にある訳でもないこの漫画がなぜこんなにも面白いのか。その理由はだめだめな先輩の可愛さにあります。

先輩のドジっぷりは1話に必ずひとつはラッキースケベシーンを作るという天性の才能を感じさせるもの。もはや下手すると痴女の勢いですが、そこが可愛く思えてしまうが彼女の不思議なところです。

今回はそんな先輩の魅力をご紹介!ネタバレを含みますのでご注意ください。

手品先輩(1) (ヤンマガKCスペシャル)

作者:アズ
出版社:講談社
出版日:2016年08月05日

エロカワシーン1:「大ピンチ!縛られちゃったカワイイ先輩!」

ひょんなことから手品先輩と出会った後輩。彼女は必死に手品を見せてくれるのですが、根本的に全く手品に向いていません。

あがり症で人に見られるとゲロを吐き、息は上がり、汗ダラダラで顔は真っ赤。しかも手品のタネが丸見え、そして失敗してもあまり気にしません。全く期待できず、成長の見込みもない彼女の手品に、後輩はとうとう出ていこうとします。

そんな後輩を引き止めたのが、先輩の大技「大ピンチ!縛られちゃったカワイイ先輩!」です。それを聞いた彼は頭の中が「縄」でいっぱいに。この漫画、先輩は変人ですが、後輩は変態です。

ぎゅうぎゅうに縛られた先輩。「余裕! ではばばっと解いちゃうので最後までまばたきせずにごらんください!」と豪語しますが……。

出典:『手品先輩』1巻

期待を裏切らず、先輩はやっぱり失敗。後輩が異様な興味を示した縄は先輩のわがままボディに絡みつきます。身動きがとれない彼女はパンチラしつつ超困っています。エロい。

後輩が拍手をしたくなる気持ちも分かるほど見事な縛り芸、いや手品!先輩自ら命名した「大ピンチ!縛られちゃったカワイイ先輩!」が体現されています。このように1話目から読者の心を奪う手品先輩はだめだめさがとっても可愛いのです。

エロカワシーン2:思わずドン引き!?箱の中の先輩

帰宅中に先輩が手品を披露して部員を勧誘しているところに遭遇する後輩。逃げようとするものの、いつも通り彼女に捕まってしまいます。

失敗ばかりする先輩にギャラリーたちはブーイング。先輩が次の手品を準備している間に後輩は簡易的な手品をしてみせます。基本的なものとはいえ、先輩よりはできる後輩。見ている人たちも少し褒めてくれます。

しかしそれが面白くない器が小さすぎる先輩。トリは自分で飾ろうと、彼女は箱の中から脱出するという大技の挑戦に打って出ます。しかし3分たっても5分たっても出てきません。そしてついに10分後、その箱はついにピクリともしなくなるのです。

先輩が諦めたことを察知した後輩はどうにか人気のないところに行き、箱を開いて彼女の無事を確かめるのですが……。

出典:『手品先輩』1巻

先輩、破廉恥すぎます!ここまですごい体勢になっておいてどこで抜け出せるという勝算があったのか不思議です。そして彼女はもうパンチラすることに恥はない模様。いろいろ抜けています。

そして後輩は意外と下品なエロは嫌いなようで、無慈悲にまた箱のふたを閉めます。可愛い先輩に目がいきがちですが、この後輩もなかなかの曲者のようです。縄が好きだけど下品なエロは嫌いという、なんだか気になるキャラクター。先輩だけではなく、意外と後輩の言動が面白いところもこの漫画の魅力です。

エロカワシーン3:パンチラを厭わない先輩の究極系!?

今日の先輩は「コイン貫通マジック」の練習中。しかしいつも通り成功するはずもなく、あちこちへとコインが散らばります。そして先輩は隙間に入ってしまったコインをとろうとするのですが……。

お尻が丸見え。

本当にパンチラに関してゆるすぎる先輩。彼女は磯野ワカメちゃんの末裔か何かなのでしょうか。意図的に読者のために身を削っているとしか思えません。

そして今回も冴え渡る後輩のやばさ。「ありますけど」の太字感がダブルミーニングを連想させます。そしてもはや先輩のパンチラに何の価値も見出していなさそうな冷静さもすごいです。

そしてこの後ふたりの会話はすれ違い、その会話をエロ的な何かだと勘違いした後輩はなんだかんだ考えながらも先輩との関係に淡い期待を抱きます。しかしそういうところはしっかりと裏切ってくる先輩。

期待してないところでラッキースケベをかまし、期待しているところでは外してくるという残念な少女、それが手品先輩なのです。

ちなみにもはや何の萌えも感じなくなってしまうくらいのパンモロは、ぜひご自身の目でご覧ください。

『手品先輩』でドジっ子のラッキースケベを楽しもう!

手品先輩(1) (ヤンマガKCスペシャル)

作者:アズ
出版社:講談社
出版日:2016年08月05日

美少女で巨乳なのに残念な女子高生、手品先輩。彼女は毎話ごとにラッキースケベシーンを起こしてくれる嬉しい人物です。

先輩の日常に波乱はないものの、それが安心感につながり、思う存分可愛い女子高生を愛でることのできるゆるーい内容となっています。まだまだ彼女の魅力はお伝えしきれていませんので、ぜひ作品でその様子をご覧ください!