日本館企画、構成に門脇耕三さん

ベネチア建築展

©一般社団法人共同通信社

 国際交流基金(東京)は8日、イタリアで来年5月に始まる第17回ベネチア・ビエンナーレ国際建築展に出展する日本館で企画、構成を担うキュレーターに、明治大准教授で建築家の門脇耕三さん(42)を選んだと発表した。

 「エレメントの軌跡―建築の生産の連鎖をデザインする」をテーマに、建築家や職人でチームを結成。1960年代の日本の木造住宅を解体してベネチアに輸送し、現地で調達した資材を加えつつ、多様な建築物に生まれ変わっていく過程そのものを、約半年間の会期を通じ展示するという。