北谷が延長13回の激戦制し3回戦へ 第3シードの北山は敗れる

©株式会社沖縄タイムス社

 夏の甲子園出場を懸けた高校野球の第101回全国選手権沖縄大会(主催・県高校野球連盟)は8日、沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で2回戦9試合を行い、石川との延長13回の激戦を制した北谷が3回戦に駒を進めた。北山は10得点でウェルネスにコールド勝ち。第3シードの北山は美里工に1-6で敗れた。

 ほかに宮古、興南、八重山、首里東、具志川商、宜野湾が3回戦に進出した。

 大会は64校が出場。決勝は21日の予定。優勝校は8月6日に阪神甲子園球場で開幕する全国大会(夏の甲子園)に沖縄代表として出場する。

<試合結果>
 石 川    5    ー    7    北 谷          
 北 山    1    ー    6    美里工          
 ウェル    2    ー    10    中部商
 沖カト    5    ー    9    宮 古          
 興 南    2    ー    0    前 原          
 豊見城    4    ー    6    八重山          
 北中城    0    ー    7    首里東          
 浦添商    0    ー    11    具 商          
 名 護    2    ー    5    宜野湾