「玉島納涼花火」19年夏は中止 安全運営と費用確保が困難

©株式会社山陽新聞社

 玉島商工会議所は8日までに、倉敷市玉島地区の「玉島納涼花火大会」について、運営の安全性と費用の確保が難しいとの理由から、今年は中止することを決めた。

 花火大会は例年夏、里見川大正橋付近(同市玉島阿賀崎)で開催しており、約3500発を打ち上げている。

 同会議所の総会で、人手不足の影響で警備態勢に支障が出かねない上、企業などの協賛金確保が困難であることが説明され、開催の見送りを決定した。来年以降は未定。