大気不安定 東・西日本は激しい雷雨に注意 関東と東北の太平洋側は梅雨寒つづく

©株式会社ウェザーマップ

9日(火)昼過ぎの発雷確率

 きょう9日(火)も北日本では晴れる所が多いが、西日本や東日本では曇りや雨で、雷雨になる所もありそうだ。局地的には激しい雨や雷雨になるおそれがあり、落雷や突風、ひょう、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意が必要となる。

9日(火)朝と夜の天気分布予想

東・西日本は激しい雷雨も

 上空の寒気や湿った空気の影響で、大気の状態が不安定になっている。午前5時現在、東日本や西日本には雨雲が点在しており、雨脚の強まっている所もある。
  このあとも四国から東日本を中心に雨が降りやすく、雷雨になる所もありそうだ。特に西日本や東海、北陸、甲信を中心に対流雲が発達し、局地的には激しい雨や雷雨になるおそれもあるため、落雷や突風、ひょう、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意が必要となる。また、東北南部でも雲が多めで、夜は雨の降る所がありそうだ。

9日(火)天気予報

関東・東北の太平洋側は梅雨寒

 海からの冷たい空気が入る関東や東北の太平洋側では、きょうもあまり気温が上がらず、梅雨寒がつづく。最高気温は平年よりも4℃くらい低く、東京は24℃、仙台は21℃と5月並みの気温となりそうだ。
 一方、西日本や東海、北陸では28℃前後まで上がり、湿度も高く、蒸し暑くなる見通し。 また、東北の日本海側でも30℃くらいまで上がる所があり、秋田では真夏並みの暑さとなりそうだ。
(気象予報士・多胡 安那)