内村光良が最終的にYouTuberデビュー!? テレビの力でツボる動画を作成!!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では7月9日に、火曜エンタ「世界76憶人に発信!内村のツボる動画大賞」を放送する。本番組は、内村光良、ハリセンボン・近藤春菜、ハライチ・澤部佑がMCを務め、世界で話題になる“ツボる動画”を作成して発信し、1000万回再生を目指すプロジェクト。特別審査委員長に小泉孝太郎、ゲストにカジサック(キングコング・梶原雄太)、ゴー☆ジャス、夏菜、ねづっち、藤田ニコル、蛭子能収、平野ノラ、デヴィ夫人、ナイツ、マグナム小林、ビックボーイズ、すず風金魚、コウメ太夫ほかが出演する。

番組では、YouTuberとして活動している芸能人を「動画プレゼンター」としてゲストに招き、世界で流行しているテーマや再生回数が多いツボっている動画を紹介するとともに、そのツボっているテーマにテレビの力を加えスケールアップした動画を作成。「テレビ東京公式YouTubeチャンネル」にアップし、1000万回以上の再生を本気で目指す。

世界的なメークアップアーティスト・JIROに協力を依頼し、蛭子能収と平野ノラをフレディ・マーキュリーとモナ・リザに変身させる最新の3Dメークを駆使した「ツボるメイク動画」、大好きなモノの写真を毎日撮り続けるマニアさんを全国から探し出して作成した究極の「ツボる経過動画」、“お坊さんの「前前前世」”“ウグイス嬢の「Darling」”“サラリーマン代表の「Lemon」”といった普段から声を使う“歌がうまそうな”人たちが熱唱する「ツボる歌うま動画」を作成。

また「ツボるCG動画」では、同系の番組の中から世界で受け入れられそうな番組をくまなくチェックし、数ある番組の中から選ばれた“世界卓球”と“池の水”で、日本一のCG技術を駆使した“池の水”を抜いたらカッパが出た”、“異世界卓球”を作成。「脳が気持ちいいと感じる音を聞かせる“ASMR動画”を最高級のもので作る!」をテーマに、デヴィ夫人×最高級素材でデヴィ夫人の不思議ワールド全開の「ツボるASMR動画」を作成する。

さらに、手先の器用さが生み出す職人技やすごい早ワザを持つ職人さんたちを探し出し、巨大オムライスを超速で完成させる「ツボる職人ワザ早回し動画」、ナイツが全力でピックアップした漫才協会所属のスゴ技を持つ師匠たちの「世界にツボる一芸動画」の“すごいけど意外な技”の数々にスタジオは爆笑の嵐になる。

収録を終えて、MCの内村は「動画をテレビに寄せて、テレビの方の力を借りて…って番組内でも言いましたけど、それを感じた、テレビと動画が融合した番組だったなと思います」とコメント。さらに、春菜が「めちゃくちゃ面白かったです。私自身もオンエアを見た後に、もう1回再生して見ようと思うぐらい、動画とテレビの良さと、あとテレビの人たちのプライドを感じました(笑)」と話すと、内村も「感じたよね。テレビも負けねえ! もっと面白くしてやる!っていうね(笑)」と2人とも好感触の様子。

澤部は「やっぱり動画の勢いがすごいですし、テレビがちょっと押されてるんじゃないかと言われている昨今、テレビの良さも再認識できるし、動画の素晴らしさも理解できました。あと、芸能人たちがこぞって動画配信を始めてるんだっていうのを改めて感じましたね。成功している方、失敗している方、それぞれいらっしゃるなと(笑)」と再認識したようだ。

本番組の今後の展開について、澤部が「それはもう最終的には、内村さんのYouTuberデビュー(笑)」と言うと、内村は「俺は風景写真が好きなんだよ!(笑) 風景写真に癒やされたいの!(笑) 俺はホントに無理です。もし俺がYouTuberになったら全レギュラー、ちょっと考えさせてもらいます! もしYouTuberになるなら1本に集中したいですね! それぐらいの覚悟が必要ですね」とキッパリ。澤部も「YouTuberになるには、それくらいの覚悟がないと無理ですかね?(笑)」と納得顔で考え直していた。