セブン、内規の一部を変更

オーナーの旅行支援復活

©一般社団法人共同通信社

 セブン―イレブン・ジャパンが、店舗のオーナーが休む際にセブン本部の社員を有償で業務代行させる「オーナー・ヘルプ制度」を巡り、内規変更で削除していた「家族旅行」を復活させたことが10日、分かった。

 同制度を巡っては、群馬県のオーナーが内規変更を理由に利用を拒否されたとして公正取引委員会に独禁法違反(優越的地位の乱用)で申告するなど、対立が広がっている。

 オーナーの一人は、「再び制度変更する可能性も否定できない」などとして公取委の判断を待つ考えだ。

 セブン本部は「家族旅行の優先順位を一時的に下げていただけで、今後も支援を拡充する」としている。