防犯カメラ2台新設 田辺市の湊本通り

©株式会社紀伊民報

湊本通り商店街に設置された防犯カメラ(9日、和歌山県田辺市湊で)

 和歌山県田辺市湊の湊本通り商店街に、地元町内会が防犯カメラを2台設置した。全国的に防犯カメラの映像が犯人逮捕につながるケースが多く、湊本通町内会の大木原治会長(79)は「犯罪の抑止につながれば」と話している。

 大木原会長によると、カメラは市の補助を受けて6日に設置した。路地や通行車両など、通りを見渡せるように配置している。

 湊本通りにはこれまで防犯カメラはなかったといい、大木原会長は「防犯カメラを使わないのが一番いい。凶悪な犯罪がないことを祈りたい」と話した。

 田辺市商店街振興組合連合会によると、同市の商店街関係には計20台の防犯カメラがある。湊本通り商店街の2台と合わせて計22台となった。