「Live選挙サンデー」宮根誠司&加藤綾子のメインMCで総力取材

©株式会社東京ニュース通信社

老後資金2000万円問題やアベノミクスの是非、さらに外交では徴用工問題で冷え込む韓国との関係や、進展が見えない拉致問題を抱える北朝鮮への対応など多くの課題が山積する中、7月21日に投開票される参議院選挙。令和初の国政選挙となる今回、フジテレビ系では宮根誠司と加藤綾子をメインMCにした「Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP」(午後7:56)を放送する。

伊藤利尋アナウンサー、三田友梨佳アナウンサーが開票キャスターを務め、注目区の開票速報を大増量。さらに戦いの構図が一目で分かるFNN名物“ガチンコ対決画面”も登場。勝者ガッツポーズで当落を分かりやすく伝える。加藤キャスターと三田キャスターが注目の大物議員や国民から圧倒的人気を集める議員の選挙戦に密着取材し、本音を直撃する。

スタジオには、石原良純、古市憲寿ら歯に衣着せぬ、手加減なしの出演者が集結。安倍首相はじめ各党の党首や候補者に、普段聞けないことを生直撃。選挙応援を終えたばかりの大物議員も登場。参院選の結果を受けた令和ニッポンの行方を占う。

宮根は「選挙結果はもちろん、普段見ることのできないスター政治家たちの素顔など、この番組でしか見られない内容で、“楽しく” “分かりやすく” お伝えしていきます!」と予告。加藤も「今ある課題にしっかりと向き合い、それに対し有権者が何を求めどのような結果になるのか、どこよりも早く正確で分かりやすい情報を、本音で切り込みながら皆さまにお届けいたします!」とアピールしている。