【MLB】大谷翔平に「心から感謝している」通算3110安打の殿堂入りレジェンドが称賛

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

デイブ・ウィンフィールド氏語る「間違いなく優秀な選手」

 エンゼルスの大谷翔平投手は5月7日(日本時間8日)の敵地タイガース戦で復帰し、53試合出場で打率.303、14本塁打、38打点、OPS(出塁率+長打率).924という好成績で前半戦を終えた。右肘靭帯再建手術の影響で今季は指名打者に専念する傍ら、投手としてのリハビリを進めている。

 2020年シーズンには二刀流復活を目指す大谷に、温かくも羨望の眼差しを送るレジェンドがいる。メジャー通算3110安打、465本塁打、1833打点など数々の偉業を成し遂げ、2001年に米野球殿堂入りを果たした元外野手のデーブ・ウィンフィールド氏だ。クリーブランドで行われたオールスター期間中にFull-Countの単独取材に応じたレジェンドは、大谷の活躍を高く評価した。

「オオタニに対して、私は言いたいことがあるんだ。私はロサンゼルスに住んでいるので、彼のプレーは何度も見ている。自分は現役時代、投手で打者だった。二刀流だったんだ。だから、彼の後に続きたいぐらいなんだよ。ミネソタ大では私は投手であり、打者だった。実際はキャリアを通じて、二刀流プレーヤーになれたかもしれなかったんだ。私はメジャーリーグで二刀流を叶える人間が出てきたことを心から嬉しく思うんだ」

 こう語り出したウィンフィールド氏は、打率.303、14本塁打38打点の好成績でシーズンを折り返した大谷の打撃を称賛した。

「彼の右腕が本来の力強さを取り戻すまで、彼は強力なスラッガーとして脅威を与えることができる。間違いなく優秀な選手だ。打撃の秘密というのは誰にもあるものだ。様々なスタイルで、成功することができる。彼の打撃のアプローチは素晴らしいね。問題ない。打撃に関してはどこまでも上達すると思うよ」

 柔和な笑顔を浮かべたレジェンド。大谷の豪快なスイングやダイナミズムは米メディアでウィンフィールド氏に例えられることもあるが、レジェンドも共感する部分は大いにあるという。

米野球殿堂入りしているデーブ・ウィンフィールド氏(左)【写真:編集部】

「偉大な選手だ。ショウヘイもイチローのようになるだろうね」

「私は現役時代、打点が第一、打率は2番目、本塁打は最後という哲学だった。ホームランはどうでもよかった。とにかく出塁する。相手に脅威を与えることがモットーだった。いかにフィールド上で違いを見せることができるか、それが大事なんだ。相手は私の打席で守備のシフトを敷いてきた。大谷もそうだろう。相手チームにどんなに研究されても、シフトを敷かれようが、お構い無しだ。最高じゃないか!」

 大谷の打席では全体的に内野が右に寄る極端なシフトを敷くが、強烈な打球と俊足、そして、ビックフライでそれを打ち破っている。この光景にウィンフィールド氏は現役時代の自らのプレーと重ねて、痛快な思いでいると語った。

「私はオオタニには心から感謝している。日本史上最高の選手、イチローと同じように感謝しているんだ。イチローは20年近く素晴らしい活躍を続けた。例外的な存在だ。日本でも活躍していたのに、メジャーリーグで殿堂入りできるんだからね。積み上げた数字は凄まじいよ。オオタニもアメリカで日本を代表する存在になった。いい象徴になっていると思うよ。偉大な選手だ。ショウヘイもイチローのようになるだろうね」

 ウィンフィールド同様に有資格1年目に米国殿堂入り確実とされているマリナーズのイチロー元外野手のように、大谷もいつの日かクーパーズタウンにたどり着くことができるとまで語った。

「オオタニらしいプレーを続けていけばいい。それで活躍できているんだから、自分以外の何者かになろうとする必要はないんだ。無理に本塁打王を目指す必要はないんだ。パワー、スピード、テクニックで違いを見せればいいんだ」。自分の叶えられなかった夢を果たし、フィールドで躍動する大谷に注ぐ視線はあくまで優しかった。メジャー史にその名を刻んだ伝説のアスリートは温かくも力強いエールを二刀流の男に送っていた。(Full-Count編集部)