【夏休み2019】楽しみ方提案「アートを遊ぶみんなの展覧会」武蔵野美術大

©株式会社イード

展覧会メインビジュアル

武蔵野美術大学は2019年7月23日から8月25日まで、夏休みの子ども向けにアートの楽しみ方を提案するイベント「アートで遊ぶみんなの展覧会」を羽村市生涯学習センターゆとろぎで開催する。入場無料。

「アートで遊ぶみんなの展覧会」は夏休みの子ども向けに、日本画・油絵・版画などを学ぶ武蔵野美術大学の学生たちの優れた作品約40点を紹介し、さまざまなアートの楽しみ方を提案するイベント。また、展覧会に合わせ、鑑賞プログラムや造形ワークショップなどの関連企画も実施する。武蔵野美術大学芸術文化学科准教授の春原史寛氏が企画・運営を手掛ける。

事前申込不要の関連企画として、2019年7月28日には、展示作品の作者である武蔵野美術大学の学生や、展覧会を企画した教員が、展示をわかりやすく伝える「小中学生のためのギャラリー・トーク」を開催。8月3日には、鉄の立体作品を作り続けているアーティストの辻蔵人氏を講師に迎え、アートな恐竜づくりを体験する「開園!はむらアート恐竜ランド」を開催する。

◆アートで遊ぶみんなの展覧会

日時:2019年7月23日(火)~8月25日(日)9:00~22:00

※月曜休館(ただし、2019年8月12日(振休)は開館)

会場:羽村市生涯学習センターゆとろぎ 館内各所(東京都羽村市緑ヶ丘1-11-5)

入場料:無料

【関連イベント】

<小中学生のためのギャラリー・トーク>

日時:2019年7月28日(日)13:30~14:30

対象:小中学生(未就学児、高校生、一般の人も参加できる)

講師(予定):出品アーティスト有志(武蔵野美術大学学生)、春原史寛氏(武蔵野美術大学芸術文化学科准教授)

会場:羽村市生涯学習センターゆとろぎ1階エントランスに集合、館内で展覧会を鑑賞

申込:不要

<開園!はむらアート恐竜ランド>

日時:2019年8月3日(土)9:00~16:00

会場:羽村市生涯学習センターゆとろぎ 1階

講師:辻蔵人氏(造形作家、武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了)

申込:不要

鈴木あさり