「苦悩 直接聞いて」首相面会要請 ハンセン病家族訴訟原告団

©株式会社南日本新聞社

首相官邸前で安倍首相との面会を求めて声を上げる原告や支援者ら

 ハンセン病元患者家族の差別被害に対する国の責任を認めた熊本地裁判決を国側が受け入れる方針を表明したことを受け、原告団と支援者ら約80人は10日、首相官邸前で安倍晋三首相との面会を要請した。「直接原告の苦悩を聞いてから控訴断念を」と声を上げた。
 原告らは要請行動を前に、衆院議員会館で集会を開催。国会議員6人が出席した。