沢口靖子がYouTuberデビュー!? 今夜から「科捜研の女」夏シーズン始動!

©株式会社東京ニュース通信社

シリーズ20周年とテレビ朝日開局60周年という二つの大きな節目を記念し、2020年3月までの1年間のロングラン放送で送る、沢口靖子主演の木曜ミステリー「科捜研の女」(木曜午後8:00)。7月11日からは夏のシーズンがスタートを切る。

7月11日に放送となる第9話は、“音”をテーマにしたストーリー。京都の観光スポットに時限爆弾を仕掛けたという謎の動画メッセージが科捜研に送られてくる。そんな中、失踪中の音響専門家が犯人ではないかという疑いが浮上。榊マリコ(沢口)たちは、京都の観光スポットを次々たどりながら、犯人が“音”の中に隠したメッセージを解読して爆弾のありかを探っていく。

そして、春シーズン放送中に話題となった、「科捜研の女」公式Twitterで配信されている沢口によるオリジナルショート動画「沢口サーズデー」。夏シーズンではさらなる進化を遂げ、沢口がついにYouTuberデビューを果たす。7月11日に配信される動画第1弾は、第9話のテーマ“音”にちなんだ、ある実験を展開する。

新たなチャレンジとなる動画配信について沢口は、「素に近い自分でしゃべるのは照れますね。でも、もっともっとマリコや『科捜研の女』を身近に感じていただければと思い、楽しんでチャレンジさせていただきました!」と照れながら感想を告白。また、「まねしたり、シェアしたり、話題にしてもらえたらうれしいです。当日放送される回のテーマが散りばめられていますので、マリコからのプライベート予告動画と思って楽しんでご覧ください」とアピールした。

そして新たに幕を開ける夏シーズンについては、「眩しい夏の日差しや軽やかな衣装を新鮮に感じていただけるかと思います。京都の名所、旧跡を捜査に回ったり、おすしの体験入学をしたり、嵐山で川下りする場面が出てきたりと、1年間放送にあたり、バラエティー豊かな内容をお届けいたします。どうぞ楽しみにしていてくださいね」と見どころを語った。