京都「伊根の舟屋」リノベーションで1棟貸しの宿泊施設に 

©株式会社京都新聞社

伊根湾と対岸の舟屋を望む「伊根舟屋ステイ 海凪」のリビングダイニング(伊根町平田)

 京都府伊根町はこのほど、海に面した舟屋とその母屋の計2棟を改修した宿泊施設を同町平田にオープンさせた。使われていない建物を活用しながら景観の一部として保全するとともに、町内での宿泊ニーズをくみ取るモデルとなることを目指している。

 同町が住民から2棟を購入し、約7400万円をかけて改修した。1棟を1組で利用することができる。

 海に面した舟屋を改修した「伊根舟屋ステイ 海凪(みなぎ)」(定員6人)は2階建てでリビングダイニングや寝室を備える。大きな窓からは間近に迫る伊根湾と対岸の舟屋を望むことができる。料金は2人利用で4万8千円から。

 町道を挟んで山側の母屋を改修した「伊根ステイ ときわ」(定員7人)は2階建てで住居として活用されていたときの間取りを活用し、木のぬくもりを感じられる空間となっている。2人利用で3万6千円から。

 同町企画観光課は「宿泊は周辺への波及効果も大きい。他の舟屋の起業や事業拡大の参考になることを期待している」としている。

 宿泊は素泊まりのみ。予約は同町観光協会0772(32)0277。