白石聖:大好きなアニメキャラを「彼」 オタク気質で共演者の笑い誘う

©株式会社MANTAN

NHKの「よるドラ『だから私は推しました』」の試写会に出席した白石聖さん

 女優の白石聖さんが7月11日、東京・渋谷のNHKで行われた、7月27日スタートの同局の連続ドラマ「だから私は推しました」の試写会に出席。ドラマは「地下アイドル×女オタ」がテーマで、地下アイドルの栗本ハナを演じている白石さんは、「私もオタク気質がある」と認めた上で、「すごい好きなアニメキャラクターがいまして。私も“彼”をすごく推している」と明かし、桜井ユキさんやお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さんといった共演者の笑いを誘った。

 また、松田るかさん、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんと劇中でアイドルとしてダンスを披露している白石さんは、「私はダンス経験がなかったんですけど、周りのみんなが、ダンスを元々やっていたとか、アイドルのお芝居をしたことがあってレッスンを受けたことがあるとか、(ダンスの)レベルが高いので、それについていくのに必死だったんですけど、ハナちゃんもダンスが苦手なので、その部分は役にリンクしていたのかなって思います」と振り返っていた。

 ドラマは、NHK「よるドラ」枠(総合、土曜午後11時半)の第3弾。テーマは「地下アイドル×女オタ」で、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。桜井さんが、地下アイドルを追いかけて全てを失った主人公・遠藤愛、白石さんが、愛が目撃する地下アイドルの栗本ハナを演じ、澤部さんは刑事・聖護院実役で出演する。

 主人公・遠藤愛は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で日々ちょっとした見えを張り、背伸びを重ねて、疲れ切っている三十路(みそじ)間近の女性会社員。ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせにぎこちない笑顔を振りまいているアイドル・ハナを目撃する。あまりの下手さにいら立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心打たれ、やがてハナを自分の分身として推すようになっていく。

 だが、それこそが「オタク沼」の始まりで、“キラキラOL”を装う日々から離れ、ズブズブと沼にハマっていく愛。しかし、ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係。果たして推しとの出会いは吉だったのか凶だったのか、愛の運命やいかに……というストーリー。