ラグビーW杯、認知度は過去最高

77.4%、組織委の調査で

©一般社団法人共同通信社

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は11日、6月に実施した大会認知度の調査で全国平均が過去最高の77.4%だったと発表した。初めて7割を超えた4月の前回調査から5.8ポイント上昇した。試合会場がある12都道府県の平均は79.5%だった。

 20代女性が前回の55.7%から64.0%。30代女性が56.5%から65.6%と上がった。組織委の嶋津昭事務総長は「あまりラグビーに触れたことのない層へも認知が広がりつつあることを示し、日本全体の機運の高まりを肌で感じている」とコメントした。

 調査はインターネットを通じて20~69歳を対象に行った。