JAXA種子島宇宙センターでスターウォーズ上映! 映画館のない種子島で宇宙に一番近い映画祭。

©有限会社ルーフトップ

「種子島宇宙映画祭~宇宙に一番近い映画祭~」は、 映画館のない種子島では初の試み。 「世界一美しいロケット発射場」と称される種子島宇宙センター敷地内広場にて、 巨大スクリーンを設置。 ワークショップや無料ヨガ教室、 飲食ブースを設け、 その日だけの特別な空間の中、 「カゴシマフィルムフェスティバル」協力のもと、 入場無料で開催される。

上映作品は、 2019年12月日米同時公開予定の新作が待ち遠しい「スター・ウォーズ」の旧作2本。 シリーズ一作目の「スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望」と、 ダース・ベイダーの誕生を描いた「スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐」を順に上映。

この期間限定で上映許可された「スターウォーズ」を宇宙に一番近い「種子島宇宙センター」で鑑賞できる、 この機会、 この場所でしか味うことのできない特別体験。現在、 開催に向けてクラウドファウンディングが実施されており、 種子島ならではの魅力的な返礼品が多数用意されている。 現在、「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング実施中。

会場となる種子島宇宙センター内広場