松田美由紀が芸能一家の実態を語る&宇垣美里の本性を親友が暴露!

©株式会社東京ニュース通信社

ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、豪華ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合うフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜午後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」。7月12日は松田美由紀、宇垣美里をゲストに迎える。

一軒目は松田優作さんの妻で、俳優・松田龍平、松田翔太&音楽アーティスト・ゆう姫の母でもあり、女優・写真家・シャンソン歌手として活躍する松田美由紀が登場。優作さんとの結婚生活や、松田家の独特すぎる子育て方法、さらに母・松田だからこそ知る“最強の芸能一家”松田家の実態に迫る。

優作さんとの出会いは、ドラマ「探偵物語」での共演。撮影の裏話やデートの思い出を披露した松田は、「今でもかっこいいと思ってます」と亡き夫への思いを語る。優作さんとの夫婦生活で起きたとあるエピソードにダウンタウンと坂上も衝撃を受ける。

二軒目では、今年3月末にTBSテレビを退社したフリーアナウンサーの宇垣美里が登場。お酒好きという宇垣は、酔いの勢いもあってか、TBS入社のきっかけや、週刊誌でも報じられた局アナ時代の“コーヒーぶちまけ事件”の真相を暴露する。さらに“好きな男性のタイプ”を発表する宇垣に対して松本が「俺をなめてんのか?」とキレる一幕も。さらに宇垣の学生時代の親友が来店。「彼女はなめられることが一番嫌いで…」と冷静な分析を次々と繰り出す親友に対して、さすがの宇垣も返す言葉が見つからないようだった。