セブンでブルーシールのアイスが買える! 「沖縄フェア」食欲そそる商品続々。

©株式会社ジェイ・キャスト

セブン‐イレブン各店では2019年7月11日から、沖縄に馴染みのある商品や県産原材料を使用した商品を多数展開する「沖縄フェア」が開催されています。

7月11日から約2週間(予定)の期間限定フェアとなっています。

史上最多のアイテム数

同フェアは、おととしから実施している沖縄の魅力を全国に伝えることをコンセプトとしたフェアですが、今年は7月11日にセブン‐イレブンが沖縄に初出店することもあり、史上最多のアイテム数が並びます。

ここでは編集部が注目した一部商品5つをご紹介。

●「沖縄出店記念! もち麦タコライスおむすび」(125円)

食物繊維たっぷりのもち麦を使用したプチプチ食感が特徴の「もち麦もっちり!」シリーズに、沖縄定番の「タコライス」がイメージされたおむすびが登場です。フレッシュトマトと「ホットソース」が使われたサルサソースに、チーズソースが組み合わされコクのある味付けを楽しめるそう。

●「沖縄出店記念! 厳選米おむすび沖縄風豚みそ」(115円)

沖縄のご飯のおとも、「豚みそ」を具にしたおむすびです。熟成味噌に沖縄県産の泡盛、黒糖が使われ、豚肉の旨みと深みのあるコクが特長なのだそう。
※一部地域で規格が異なります。

●「沖縄出店記念! ブリトー タコスチーズ」(248円)

スパイシーで食べごたえのある、沖縄でおなじみの「タコスミート」とチェダーチーズが楽しめるブリトーです。

●ブルーシール 「サンフランシスコミントチョコ」・「塩ミルク」(各250円)

沖縄を代表する有名アイスクリームブランド「ブルーシール」のアイスクリームが手軽に全国で味わえるチャンスです。今年の沖縄フェアで登場するフレーバーは、さわやかでコクのある「ミントチョコ」と沖縄県産の塩「ぬちまーす」が使用された「塩ミルク」の2種類です。

●「ナンポ― 北谷の塩入りちんすこう」(175円)

沖縄県北谷町産の塩が使われた沖縄の伝統菓子「ちんすこう」です。

このほかにも、郷土料理「ラフテー」をイメージした具材をかけて食べる「豚角煮チャーハン」(510 円)や「カルビーポテトチップス ソーキそば味」(156 円)など、沖縄を味わえる商品が期間中は多く並びます。

沖縄県の店舗では一部品揃えが異なります。

価格はすべて税抜き表記。