「本田圭佑ファンド」AnyMindグループに出資 YouTubeチャンネル開設、アドバイザー就任も

©株式会社ジェイ・キャスト

テクノロジーソリューションを提供するAnyMindグループ(シンガポール)は、プロサッカー選手の本田圭佑氏が手がける個人ファンド「KSK Angel Fund LLC」を引受先とした第三者割当増資を実施する。2019年7月11日に発表した。金額は非公表。「本田圭佑ファンド」から、年内の予定で払い込まれる。

AnyMindグループと本田圭佑氏が資本業務提携で合意(写真は、本田圭佑氏・左とAnyMindグループの十河宏輔CEO)

本田氏とは同時に、YouTubeをはじめ、FacebookやInstagramなどのSNSでの活動におけるサポート契約を結び、11日付で公式YouTubeチャンネル「Keisuke Honda」を開設したほか、本田氏が同社のアドバイザーにも就任した。

本田氏のグローバルな知見を活用していく

AnyMindグループによると、本田氏とは主に同社のインフルエンサーマネジメント事業で協業。本田氏のグローバルな知見を活用しながら、相互の成長を目指して、クリエイターやインフルエンサーのマネジメントや育成、コンサルティングを強化していく。

そうした活動によって、世界規模でのインフルエンサーの影響力の拡大を図り、グローバルでのインフルエンサーマーケティングのエコシステムの確立を目指すという。今回の契約にあたり、本田氏は

「『本田圭佑に限界なし。』というのを、YouTubeを通じて、挑戦していければと思っています。自分自身が『挑戦者』としてさまざまなことに本気で取り組んでいくことで、世の中に、いい影響を与えていくことが最大の目的になります。
代表の十河さんと意気投合したことが出資をさせていただこうと思った理由。インフルエンサーへのコンサルティングや育成という幅広い領域を、しかもグローバルでやっていくという、挑戦するということを聞いて、僕も近くで応援したいという気持ちになりました」

と、コメントしている。

一方、AnyMindグループの十河宏輔CEO(最高経営責任者)は、

「スマートフォンやソーシャルメディアの普及で、誰もが手軽に『クリエイターとして情報発信ができる』世界になり、すべてのクリエイターがグローバルで輝ける世界を創りたいと考えています。今回の本田氏との取り組みを一つの大きなきっかけに、今後もAnyMind グループとして、これまでグローバルで築き上げてきたネットワークやテクノロジー、チームを駆使して、才能溢れるクリエイターたちがより個人の力を最大化し、グローバルで活躍しやすい世界の創出を実現していきます」

と語る。

AnyMindグループは2016年4月にAdAsia Holdingsとして創業。18年1月にAnyMind Groupを設立した。傘下の子会社には、AdAsia Holdings、CastingAsia、TalentMindの3社がある。世界11の市場13拠点で、20の国籍の500人以上の従業員が勤務する。