鬼瓦の鼻からティッシュ 鬼福製鬼瓦所がケース開発

©株式会社中部経済新聞社

ティッシュは鼻から取り出して―。鬼瓦の製造販売を手掛ける鬼福製鬼瓦所(碧南市住吉町、鈴木博代表、電話0566・41・0758)は、ユニークな鬼瓦のティッシュケースを開発した。鬼師の鈴木良氏が、鬼瓦の用途拡大を目指して考案した。鈴木良氏は「従来の鬼瓦や職人のイメージを吹き飛ばすインパクトを込めた」とし、量産化も検討している。

鬼瓦のティッシュケースを持つ鈴木良氏