フリーエージェント情報:マーカス・モリスが心変わり?!

©楽天株式会社

マーカス・モリスが、スパーズとの契約を考え直す可能性があるようだ

今オフに完全フリーエージェントになっていたマーカス・モリスは、現地7月6日にサンアントニオ・スパーズと2年2000万ドル(約22億円)の契約を結ぶ予定だった。しかし、モリスはこの契約について考え直し、イースタン・カンファレンスのチームと契約する可能性があるようだ。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者、Yahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者とマーク・J・スピアーズ記者らが相次いで報じた情報によると、モリスはニューヨーク・ニックスと1500万ドル(約16億円)の1年契約を結ぶことを考えているそうだ。

スパーズは、モリスと契約するためのキャップスペースを空けるためにデイビス・ベルターンズをワシントン・ウィザーズにトレードしてしまっている。

直近の2シーズンをセルティックスでプレーしたモリスは、昨シーズンは75試合に出場し(うち53試合に先発)、1試合平均13.9得点、6.1リバウンド、1.5アシスト、フィールドゴール成功率44.7%、3ポイントシュート成功率37.5%を記録している。

ニックス関連のその他のニュースでは、ガードのレジー・ブロックと2年2100万ドル(約23億円)の契約で合意に至っているようだと、ウォジナロスキー記者が報じている。ブロックのエージェントのデイビッド・バウマン氏によると、ニックスとブロックはフィジカルチェックの段階に入っているそうだ。

1

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.