フリーエージェント情報:マーカス・モリスのニックス入りが決定

©楽天株式会社

マーカス・モリスがニックスと契約するようだ

複数のメディアのリポートによると、今オフに完全フリーエージェントになっていたマーカス・モリスは、一旦は合意に至っていたサンアントニオ・スパーズとの契約を撤回し、ニューヨーク・ニックスと1年1500万ドル(約16億円)の契約を結ぶようだ。

モリスとの契約がなくなったスパーズは、デンバー・ナゲッツから完全フリーエージェントになっていたトレイ・ライルズと契約すると見られている。2012年のNBAドラフト1巡目全体12位でユタ・ジャズに指名されたライルズは、直近の2シーズンはナゲッツでプレーしていた。

この一連のニュースを最初に報じたのは、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者だ。

The Athleticのシャムス・シャラニア記者の取材に対し、モリスは今回の“心変わり”の真相について以下のようにコメントしている。

「自分自身と自分の家族にとって最も良い状況を考えた上で、俺は今回の結論に至った。スパーズとは何のわだかまりも無い。俺は彼らを尊敬している」

1

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.