1か月予報(7/13~8/12)発表 7月中旬は東北~九州で低温傾向

©株式会社サニースポット

気象庁から11日(木)、1か月予報が発表されました。北・東日本太平洋側では、オホーツク海高気圧からの湿った空気の影響で、期間のはじめは日照時間が少なく、気温の低い状態が続く所があるでしょう。

西日本では、期間のはじめを中心に前線や湿った空気の影響を受けやすく、冷たい空気に覆われるため、向こう1か月の気温は平年並か低く、日照時間は平年並か少なくなりそうです。また、降水量は西日本太平洋側では平年並か多い見込みです。

沖縄・奄美では、暖かい空気に覆われるため、向こう1か月の気温は平年並か高い予想です。

■週別の予報
・1週目(7/13~7/19)
北・東日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。北・東日本太平洋側と西日本では、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多くなりそうです。沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多くなる見込みです。

・2週目(7/20~7/26)
北日本と東日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。東日本太平洋側と西日本、沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多くなりそうです。

・3~4週目(7/27~8/9)
北日本では、天気は数日の周期で変わるでしょう。東・西日本と沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。

東北~関東の太平洋側では、先週よりオホーツク海高気圧から吹き出す冷湿な空気の流れ込みが続いています。この先の一週間も同じ状態が続く予想で、朝晩は肌寒く感じられそうです。また西日本でも、期間のはじめは梅雨前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、平年よりも低温傾向となる見込みです。体調管理などには十分に注意をして下さい。

7月下旬になると、西~東日本では太平洋高気圧に覆われ、晴れる日が多くなる見込みです。奄美地方では、すでに平年より大幅に梅雨明けが遅れていますが、九州~東北地方では平年頃の梅雨明けとなるかもしれません。