飯豊まりえ、「サイン」はSNSも注目!!「ドラマとは別の仲の良さを見て」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日では、本社のある六本木ヒルズ内にて夏の恒例イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」(7月13日~8月25日)を開催。その一環として毛利庭園の池に浮かぶ特設水上デッキでのイベントを昨年に引き続き実施する。その初日となった7月11日に「水上ハイボールステージ presented by JIM BEAM SUMMER FES」のレセプションパーティーが行われ、ゲストとして連続ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」(木曜午後9:00)に出演する飯豊まりえ、高杉真宙が登壇。司会を同局アナウンサーの山本雪乃と斎藤ちはるが務めた。

トークイベント開始直前に降り始めた小雨の中、山本、斎藤両アナが傘を片手に浴衣で登場。斎藤アナは、「ジムビームハイボール」と朝の情報番組「羽鳥慎一 モーニングショー」(月~金曜午前8:00)がタッグを組んで創作したコラボメニューを紹介。羽鳥アナによるコラボメニュー「やわらかスペアリブのやみつきBBQソース」や斎藤アナ自身が考案したコラボメニュー「きのこたっぷりヘルシーキッシュ」などをアピールした。

続いて、撮影現場を抜け出して駆けつけた飯豊と高杉が登壇。2人が出演する「サイン~」は、韓国で最高視聴率25.5%を記録した大ヒットドラマ「サイン」(2011年)をリメークしたもので、主演の大森南朋が演じる法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力と熾烈(しれつ)な攻防戦を繰り広げる骨太な法医学サスペンス。

飯豊が演じるのは、新人解剖医で主人公・柚木貴志(大森)の助手・中園景。高杉は、捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)とバディを組んで事件を捜査する警部補・高橋紀理人を演じる。ステージ上では2人が「ジムビームハイボール」と「羽鳥慎一 モーニングショー」のコラボメニューを取り分ける様子も披露された。

飯豊は「今は5話を撮っている最中で、どんどん内容がシリアスになっていってはいるんですけど、現場は和やかですよね。大森さんがSNSにも力を入れてて『これからきついシーンを撮るから今のうちに写真撮っちゃおう』とか『映えてるから』とか(笑)。ピリッとしたドラマとは別の、みんなの仲の良さをSNSで見ていただきたいなと思って(笑)」と笑顔で撮影現場の雰囲気を伝えた。さらに「綾野剛さんがSNSで『サイン楽しみ』って上げててくださってビックリしました! 注目されててうれしいなと思いました!」と告げると、司会の両アナも思わず「綾野剛さんが!?」と喜びの声を上げた。

高杉は「僕は今回、初めて警察官役をやらせていただくんですけど、法医学ということで難しいかなと思っていたんですけど、台本を読んでいてそんなふうには思えないというか、テンポが良くてどんどん作品の中にのめり込むような感じのヒューマンドラマで。重い部分はもちろんあるんですけど、割と面白い部分も結構あって、どんどん皆さんを作品の中に引き込んでくれるんじゃないかなと思っているので、ぜひ見ていただきたいと思います」とアピールした。

六本木ヒルズ・毛利庭園での「水上ハイボールステージ presented by JIM BEAM SUMMER FES」は7月25日まで開催。7月27日~8月25日には「真夏のレモンサワー祭」が開催される。