桜井ユキも“オタク沼”にハマった!?「白石聖ちゃんのアイドル姿にロックオン」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で7月27日スタートの連続ドラマ「だから私は推しました」(土曜午後11:30)の試写会が行われ、主演の桜井ユキ、共演の白石聖、澤部佑が出席した。さえない地下アイドル・栗本ハナ(白石)にハマるアラサーのリア充女子・遠藤愛役を演じた桜井は「白石さんとは以前共演したことがあるのですが、衣装を着て、ステージに登場した場面で一目ぼれしてしまいました。ロックオンという感じでした。いつもかわいいのですが、すごくかわいかった。私、何を言っているんですかね」と赤面しながら、白石のアイドル姿に自身もハマってしまったことを明かした。

ドラマはSNSで「いいね!」を獲得することに全力を注ぐ愛が、ひょんなことからアイドルグループ・サニーサイドアップのさえないメンバー・ハナと出会い、“オタク沼”にハマって人生が狂い始めるストーリー。脚本は連続テレビ小説「ごちそうさん」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子氏が手掛ける。

白石は「ハナちゃんはすごく不器用で真面目で、歌もダンスも下手な役柄ですが、私もダンスは初めてで、その部分はリンクしていました」と体当たりでアイドル役に挑んだことを明かし、「ドラマは推される側のアイドルだけでなく、愛たち推してくれる側にもスポットが当たっています。私も実は好きなアニメキャラクターがいて推しているので、自分とも重なるんです」とストーリーにも共感したことを告白。

また、澤部は「僕はアイドル好きで、アイドルの子たちと番組もやらせてもらっているのでライブに行くこともあるのですが、ドラマのライブの再現度、仕上がりが尋常じゃなかった」とリアルなライブシーンに驚かされたことを明かし、「ストーリーも頭から心をグッとつかまれて、めちゃくちゃ面白い。うちの奥さんがものすごくドラマ好きで、そのクールの全てのドラマの1話を見て、これは切ろうとかやっていますけど、このドラマはそれはない。早く続きが見たいって、そそられるはずです」と内容に自信を見せていた。