【ありそうでなかった】女性専用“顔そり”店が急拡大中!

©(株)東京放送ホールディングス

顔の産毛をそるシェービングは、お化粧ののりが良くなり肌に嬉しい効果が期待できます。「プロの手にお任せしたら気持ちよさそうだけど、女性一人で床屋さんへ行くのはちょっと気が引ける…」そんな女性の心理をついた“女性専用の顔そり店”が、今増加中なんです。

女性専用顔そり専門店「ビューティフェイス」

女性専用の顔そりとエステの専門店「ビューティフェイス」。大阪と首都圏を中心に、直営店は34店舗・フランチャイズ店は49店舗と店舗数を増やしているサロンです(2019年6月現在)。

「レディースシェービング」は、女性エステティシャンが顔の産毛を丁寧にそってくれ、至福のひと時を過ごせます。

眉毛のカットも含め、20分ほどで施術は終了。女性にとっては、同性の女性が施術をしてくれるというのも安心感があり嬉しいポイントです。
ありそうでなかった女性専用の顔そり専門店ですが、お店を増やすのは難しいことでした。

店舗数を増やすために必要なこと

顔そり専門店を増やすのが難しかった理由は、カミソリを扱うために理容師の免許が必要なこと。

女性の理容師は、美容師と比べると圧倒的に少ないのが現状です。そのため、理容師の免許を持つエステティシャンがいなければ、お店を増やすことができません。

人材を育てるための驚きアイデア

ビューティフェイスを運営するリビアスは、この課題点に着目。お店の増加のために、なんと自社で理容師免許を取るための学校を作りました。

フランチャイズ店で採用されたエステティシャンや直営店舗に配属される新卒の女性たちが、この学校に少なくとも2年間通い、理容師の国家資格取得を目指します。

その間、講義の後はそれぞれの配属先や勤め先で理容師以外のお仕事をします。

働きながら学校にも通えるという恵まれた環境のうえ、さらに学費の一部も会社が負担してくれるという手厚さ。女性の理容師たちが増えれば、お店を増やすことも可能になります。
お店に必要な人材をしっかり育てる仕組みで、着実に店舗数を増やしてきたというわけです。

女性専用の顔そり専門店「ビューティフェイス」。新しい教育システムを作ったことで、店舗数の増加を可能にしました。
これからは、女性専用の顔そり専門店がもっと身近なものになるかもしれません。

経済のことが学べるがっちりマンデー!!(TBS系列 日曜あさ7:30~)
▪次回(7/14)の放送は、儲かる地元アイス!