SUMIRE「映像の仕事をする自分は想像していなかった」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。7月8日(月)のオンエアでは、モデル・女優のSUMIREさんが登場。出演した映画『TOURISM』ついて訊きました。

■モデルだけでなく…演技もおもしろい!

SUMIREさんは雑誌『装苑』のモデルを経て、昨年、公開された映画『サラバ静寂』で役者デビューしました。7月13日(土)に公開の宮崎大祐監督の最新作『TOURISM』にも出演。女優としても活躍中です。

SUMIRE:モデル1本でやっていたので、映像の仕事をする自分は想像してなかったんです。やってみて、「演技もおもしろいな」と興味を持って。だからモデルと女優をちょうどいいバランスでやっていきたいなと思っています。モデルは喋ったり演技をすることはないですけど、映像の仕事は行動して言葉を出して、それを仕事にすることがおもしろいなと思って。まだ勉強中ですが、演技するのは勉強しごたえがあって、どこまでも学びがいがあります。全然、今も慣れないですが(笑)。

■ユニークなロードムービー『TOURISM』

映画『TOURISM』は、シェアハウスをしているニーナ(遠藤新菜)とスー(SUMIRE)が主人公。ニーナが世界中どこでも行けるペアチケットを当て、ふたりではじめての海外旅行でシンガポールに行きます。ニーナは現地のチャイナタウンで携帯電話をなくし、スーと離れ離れになってしまい……というストーリー。iPhoneやiPadなどデジタルデバイスで撮影したことでも話題になっている作品です。

クリス:ドキュメントな雰囲気の作品ですね。
SUMIRE:ロードムービーというか、ニーナとスーのドキュメンタリーという感じです。
クリス:台本があってというより、自然なふたりをカメラがそばで録っていたような感じで。
SUMIRE:宮崎監督はこの作品でお会いするのがはじめてでした。私も演技勉強中だったんですが、私と遠藤新菜ちゃんをありのままで撮りたいという感じだったので、撮影もしやすかったです。
クリス:遠藤新菜さんとはもとともお友だちで。演出とか撮影方法はどういう指示で構築されたんですか?
SUMIRE:監督もコンセプトは教えてくれましたが、それ以外はふたりがシンガポールに行くのをありのままで録っています。監督の映像の撮り方が好きで、ただカメラを回しているだけじゃなく、ふたりが携帯を使ってる携帯ごしに撮っていたり。映像の色味とか、ちょっとボヤケている感じも好きですね。映像の撮り方で人間味や距離感が表されているのもいいなと思います。

SUMIREさんにプライベートについて訊くと、「最近、新しくラグとテーブルを買いました。ネットショッピングが苦手なので、見て買いたいんです、休みの日に都内でブラブラ雑貨をみるのが好きです。あと自分でテーブルを作ったりもします」とDIY好きという意外な一面を話してくれました。

番組では、SUMIREさんが選曲したiriの『Shade』をオンエア。「音程も声も好きだし、サビの部分が好き。一回ハマるとずっとその曲を聴いてしまうので、最近はこればかり聴いてます」と選んだ理由を明かしました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/