多部未華子は職人!ジャニーズWEST重岡大毅が絶賛

©株式会社シネマトゥデイ

重岡大毅と多部未華子

 女優の多部未華子が12日、渋谷のNHK放送センターで行われたドラマ10「これは経費で落ちません!」第1回試写会に出席し、重岡大毅ジャニーズWEST)から「職人のイメージがある」と評されるひと幕があった。この日は共演者の吹越満らも来場した。

【写真】多部未華子&重岡大毅の仲良しショットも!

 青木祐子のベストセラー小説シリーズをドラマ化した本作は、貸借対照表のごとく「何事にもイーブンに生きる」をモットーとする、せっけんメーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子(多部)が主人公。回ってくる領収書や請求書を厳しくチェックするなかで、経費にまつわる人々の怪しい事実や、悩める人生までが浮かび上がる。重岡は、営業部の若手エース・山田太陽にふんする。

 主人公の生真面目な経理女子・森若役を務める多部は「経理として真面目に一生懸命生きてきた女の子が、太陽のような明るい人に出会って、背中を押されながらどんどん変化していく。そんなに派手ではないドラマですが、心温まるステキなドラマだなと思いながら……日々、ものすごく“つらい”撮影を過ごしております」とぶっちゃけて、会場は大笑い。

 だが、多部によると、吹越、伊藤沙莉平山浩行ら経理部のキャストとの撮影は非常に和やかで、落ちつくひとときであり、「落ちつく人たちに囲まれながら、日々が過ぎるのを待ちながら、楽しく過ごしております」と述べる。

 この日は終始、マイペースぶりを発揮する多部。共演者の印象について質問されると、「吹越さんはお父さんみたいな存在ですので安心です。特にそれ以上は……」。さらに重岡に対しても「初めましてなんですが、特に何をしゃべっていいのかわからないですね。若い男の人と話題もないし……」と身も蓋もないコメントを繰り返し、会場は大爆笑。そんな多部について重岡は、「多部さんは、職人のイメージすらある。パンパンパンとオッケーを出すし、撮影が終わると『お疲れさまでした!』と小走りで去っていきますからね」と評してみせた。

 そんな重岡演じる太陽は、恋に奥手な森若に次第に惹かれ、冷たい態度にもめげずにアタックする。役と自身との共通点を質問された重岡は「僕は明るい役をやらせてもらうことが多いんですけど、普段は社交性がないし、根暗というか、明るくもない。森若さんにシャッターをガンと閉められたら(太陽のようには)いけないなと思う。だからすごいなと思いながら演じています」と明かした。(取材・文:壬生智裕)

ドラマ10「これは経費で落ちません!」は7月26日午後10時よりNHK総合にて放送開始(全10話)