情報ひろば《福祉》

山口県周南市 広報しゅうなん令和元年7月1日号

©株式会社VOTE FOR

◆こども医療費助成制度の対象年齢を中学校3年生まで拡大
時期:10月1日診療分から
対象:保険診療の自己負担分
※入院時の付き添い料・食事代、室料差額、予防接種、検診など保険診療費以外のものは対象外です。

・新たに対象になる人
平成16年4月2日〜19年4月1日に生まれた、市に住民登録のある、健康保険に加入している子ども

・所得要件
平成31年度市民税所得割(税額控除前)の父母の合計額が13万6700円以下(年少扶養控除などがあったものとして再計算した税額が前記の額以下の場合を含む)の人
※他制度に該当する場合は、対象になりません。

・申請手続き
新たに対象となる人は、7月下旬に送付する申請書に必要書類を添付して、8月中に、同封の返信用封筒で郵送、または窓口に提出してください。
※所得制限により非該当になる場合があります。
※所得の申告をしていない人は、申告してください。

提出先:次世代支援課、総合支所、支所

問合せ:次世代支援課こども給付担当
【電話】0834-22-8460

◆ふくしの寺子屋公開授業
命や福祉について、友だちや医療・福祉の専門職と一緒に感じ・考え・語る授業を行います。
対象:小学5年生以上の人
日時:8月3日(土)10時〜12時
場所:市役所多目的室
定員:30人程度
参加料:無料
持参物:ジュニアつなぎびと活動実績表(以前の参加者)

申込み:7月19日(金)までに、申込書を、郵送・ファクスで
〒746-0029 平野1-5-5 丸万ビル2F
周南つなぎびとの会
【電話】0834-34-0351
【FAX】0834-34-0352

問合せ:高齢者支援課介護認定担当
【電話】0834-22-8343