代表HCは他候補含め選考

ラグビーの岩渕専務理事

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答える日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事

 日本ラグビー協会の専務理事に就任した岩渕健輔氏が12日までに取材に応じ、9月開幕のワールドカップ後の日本代表指揮官について、ジェイミー・ジョセフ代表ヘッドコーチ(HC)だけでなく、他の候補者も含めて選定を進める考えを示した。「今の強化体制の評価をしてから、次の体制を考えなければいけない。さまざまな事態に備える必要がある」と述べた。

 清宮克幸副会長はジョセフHCの続投が望ましいとの意見を既に表明している。これに対し、岩渕氏は「(同HCは)当然、有力候補の一人」とした上で、技術委員会の評価など「協会内のプロセスを重視して」決めるべきだとの考えを強調した。