全パ、快勝でオールスター5連勝

東京ドーム第1戦

©一般社団法人共同通信社

2回全パ2死一塁、森が右越えに先制2ランを放つ。捕手会沢=東京ドーム

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム2019は12日、東京ドームで第1戦が行われ、全パが6―3で全セに快勝し、2017年から5連勝として通算成績を85勝78敗11分けとした。

 先制2ランを放った森友哉捕手(西武)が昨年の第1戦に続き、2度目の最優秀選手(MVP)に選ばれた。

 全パは二回に森の2点本塁打で先制。六回には浅村栄斗内野手(楽天)、山川穂高内野手(西武)の2者連続本塁打で2点を奪ってリードを広げた。

 全セは九回に大腸がんの手術から復帰した原口文仁捕手(阪神)が2ランを放った。

 第2戦は13日午後6時半から兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される。