高橋一生:芸歴30年、俳優を続ける原動力は祖母 同級生・岡田准一との仲良しすぎる高校生活も

©株式会社MANTAN

7月13日に放送されるトーク番組「サワコの朝」に出演する高橋一生さん=MBS提供

 俳優の高橋一生さんが、エッセイストの阿川佐和子さんがMCを務めるトーク番組「サワコの朝」(MBS・TBS系、土曜午前7時半)の7月13日の放送に出演する。今年、芸歴30年を迎える高橋さんは、俳優を続ける上で原動力になっているという祖母とのエピソードや、高校の同級生で親友だという人気グループ「V6」の岡田准一さんとの“仲良しすぎる高校生活”のエピソードを明かす。

 高橋さんは8歳の時に児童劇団に入り、子役としてデビューした。2018年秋からは3期連続でドラマの主演を務めており、最近の活躍について「ありがたいです。主演をさせていただかないと分からないことがある」と近況を話す。また高橋さんが声優を務め、演技の道へ進む決意を固めたというスタジオジブリの劇場版アニメ「耳をすませば」の思い出や、話題となった連続ドラマ「カルテット」の撮影秘話、私生活についても語る。

 番組は、“インタビューの名手”として知られる阿川さんが、俳優、女優、タレント、スポーツ選手、文化人などさまざまなゲストを招き、トークを繰り広げる。ゲストのお気に入りの曲も紹介している。